3台の機器にマルチペアリングできるBluetoothキーボード Logicool ロジクール K380BKが便利

Bluetoothキーボード iPad
スポンサーリンク

以前の記事【iPadにBluetoothキーボードを接続したら文字入力が3倍捗るようになった

で使用したBluetoothキーボードが便利だったのですが、

一度打ったキーが2文字入力されたり、使い物にならないのと、

軽いのは良かったが、やはり造りがチャチな感じだったので、

他のメーカーにする事にしました。

そこで見つけたのが、ロジクールのBluetoothキーボードK380BK

にしました。

デスクトップでもLogicoolのキーボードを使っていて使用感も良く

安心感があったのと2年保証なのも決め手でした。

Logicool ロジクール K380BK Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS対応

スポンサーリンク

購入してみてどう?

 

購入してみてまず目が行ったのは、

キーボードのキーが丸い事!

これ打ち易さどうなのかな?

と購入前から気にはなっていましたが、

実際打ってみたらすぐに慣れます!全く問題ないです。

特にキーが丸いからと言って打ちにくく感じる事はないです。

全体の造りはしっかりしていて、前記事のものと

比較するとかなり良い感触です。

タイピングした感じも安っぽいカシャカシャした感じではないです。

キーの配列は文字などは問題ないですが、記号など、その辺は

ちょっと独特かも。

使う機器によって異なります。

Macで使う場合もControlが違う位置だったりちょっと戸惑いますね。

iPhoneやMacで使用する場合にかなとアルファベット切り替えは

Ctrl+スペースキーで切り替えできます。

 

電源はどうなってる?

 

本体裏側に電池を入れるところがあり、

単四電池(AAA)×2本で動作します。

購入時から電池は付属していて、接点にフィルムが挟まれて

いますので、引っ張って抜いて使いましょう。

 

キーボードと端末のペアリングの仕方は?

 

キーボード左上の黄色いキー (F1〜F3)が機器とのペアリングする時の

切り替えです。

例えば、F1にiPhone、F2にiPad、F3にMacbookのように

一つのキーボードで3台までのデバイスとペアリングする事が可能です。

ペアリング手順はキーボードのペアリングしたいキー(F1〜F3)の

どれかを長押ししてランプが点滅したら、デバイス側で接続するだけ。

ペアリングしておけばあとはF1~F3のキーを押すだけで接続先のデバイスを

変更できるので結構便利です。

 

 

コメント