ネットワークが繋がらなくなったので調べてみたら意外な原因だった!

ネットワーク
スポンサーリンク

どう言う経緯で不調になったの?

 

前々から通信ができたりできなかったり調子が悪かったのですが、

全く不通というわけでもなく、調査に時間が取れずに放置していました。

ある日突然、通信が全くできなくなり渋々調査をする事になりました。

 

繋がらなくなったのを調査してみた結果

 

複数のコンピュータからネットワークに繋がらない状況でした。

突然だったのでLANケーブルかハブかルータかその辺りの不調が疑われました。

とりあえずハブのランプを確認して回ります。

主幹に近い部分のハブのランプが異常な点滅していて、電源を入れ直しても変わりません。

コリジョンのランプはありませんが、点滅具合からしてコリジョンかと感じましたが

ケーブルを抜いていっても状況は変わらないので、ハブの故障を疑いました。

そこで該当のハブを新品に交換したところ通信は直りました。

ハブの故障だったようです!

ネットワークに繋がらないと業務が止まってしまうので原因究明よりも復旧が最優先でした。

 

ハブの故障について考察

 

通信不調のハブを分解してみたところ、基板上の電解コンデンサが2つほど膨れてました。

(肝心な写真を撮るの忘れました…)

Windows2000とかの頃のマザーボードでコンデンサ膨れで不調が多発しましたが

最近は見る事がなかったので久々に見ました。

プラスチック筐体の安価なハブでしたので、コンデンサ粗悪品使ってるのでしょう。

設置後1年〜1年半程度しか経って居ないのに。

当該ハブは周辺機器では有名メーカーですがこんな事あるんですね。

今回はハブのランプが異常な点滅をしていたのでネットワーク不調の原因が

このハブだと特定できましたが、ランプが通常と変わらないと中々見当つけられないですね。

ルータ直下の主幹ハブは金属筐体の少しまともなやつを使っていますが、

主幹ハブ以下の各デスクの島ごとは予算出なくて安価なハブ・・・

ネットワーク止まって業務にならず、その上調査に時間かかって・・・

って損失考えたらもう少し信頼性のある機器入れて欲しいが理解がなくてOK出ないので

辛いところです。

ネットワーク
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント