ConoHaの利用料金を年間で1万円安くする方法(ConoHa WING含む)

インターネット
この記事は約4分で読めます。

高速という事でConoHaWINGに移行された方も多いと思います。

そのConoHaWINGの利用料金はめちゃ高いってワケでもないですが、

少しでも安く使えるなら…と思いますよね!

 

スポンサーリンク

ConoHaの月額料金

 

 

ConoHaWINGの利用料金

 

それではまず、ConoHaWINGの月額料金を見ていきましょう。

一番安いプランのベーシックでも月額1,200円+税となっています。

1年間使うと14,400円+税ですね。

出典 ConoHaWING

 

 

ConoHaVPSの利用料金

 

続いてConoHaVPSの料金を見ていきましょう。

一番安い512MBのプランでも630円+税となっています。

1年間使うと7,560円+税ですね。

ConoHaVPS料金

出典 ConoHaVPS

 

 

利用料金を安くする方法

 

 

利用料金を安くする方法・・・

それはズバリ株主優待です。

GMOインターネットの株主優待を見ると、「グループの各種サービス利用料5,000円分

と言うのがあり、その中にConoHaも含まれています。

ConoHa以外にお名前.comなどもあるので、詳しくは株主優待のサイトを確認してみてください。

GMOインターネット株主優待サイト

GMOの株主優待サイトを見ると上期、下期で年2回あると言う事は…

5,000円×2回=年間10,000円??これはかなりアツい気がする。

優待で浮いた分上位プランにするのもアリ!

株主優待に加えて微々たるものではあるけど配当ももらえるので

長期保有もありだなと思っています。

 

 

株式の買い付けについて

 

 

銘柄検索で「GMO」を検索するとグループ会社が出てきますが、

ConoHaで株主優待を受けられるのは「GMOインターネット(株) 銘柄コード9449

なので間違えないように気を付けてください。

優待を受けるのに必要な株数は最低単元の100株です。

自分は12月末の権利付き最終日に1株1,300円で取得したので、1,300円×100株=130,000円が

株式取得に必要な金額でした。

執筆時点では1,900円ちょっとなので190,000円程度が必要になりますね。

どこかで大きく値を下げる局面があればねらい目かもしれません。

この優待がいつまで続くかはわかりませんが、ずっと続くのであれば

長期保有すれば十分元を取れそうな気がしますよね!

 

 

GMOインターネットの株主優待を受けるまでの流れ

 

 

  1. 12月末の権利付き最終日にGMOインターネット100株取得
  2. 3月に株主配当と株主優待の案内の書類が手元に郵送で届きます
  3. 4月から株主優待の受付開始(https://yutai.gmo.jp)から登録
  4. 4月半ばぐらいにConoHaに5,000円分チャージされる

このような流れでした。

ConoHaチャージ

このようにチャージ残高が増えています。

今月の利用金額に充当されているので中途半端な金額になっていますが…。

ConoHaVPSやConoHaWINGを使っているのであれば利用料がお得になるので

検討してみてはいかがでしょうか。

ConoHaWING

 

なお投資は自己責任となります。いかなる損失を被っても一切責任は負えませんのでお気を付けください。

コメント