マウンテニアGT3542Lと梅本自由雲台にぴったりの三脚ケース

カメラ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

GT3542Lのケース購入に至るまで

 

先日の記事でGITZOのマウンテニアGT3542Lと梅本製作所の雲台を

購入したことを書きました。

GITZOのマウンテニア3型4段三脚GT3542Lを購入してみて
ジッツオの三脚マウンテニア3型4段GT3542Lと梅本製作所の自由雲台SL-60ZSCを組み合わせて購入した感想を載せています。

 

持ち運びにはやはりケースがあったほうが楽なんですよね。

ケースが無しで手持ちだと滝や沢へ行く時は片手が塞がって

しまって危険ですし、ストラップで背負っても岩などに

ぶつけてキズになったり・・・

車で移動の場合も転がりにくいですし、他の機材や車の内装に

キズをつけたりするので、ケースはあったほうがいいと考えています。

 

 

GT3542Lにどんなケースが合うか

 

三脚GT3542Lの脚のみで縮長が59cm

雲台SL-60ZSCの高さが12cm

ケースは内寸71cm以上が必要と言うことですね。

真っ先に浮かんだのが純正のケースGC3101

 

ジッツオのページでGC3101の仕様を見てみると・・・

 

 

マウンテニア2型・3型で雲台との組合せが72cmに収まる機材

 

ねこ
ねこ

え、ピッタリやん!もうこれでいいんじゃね?

と心の声が聞こえて、この時点でもうすでにほぼ純正ケースGC3101に

心は決まりました。

もう99%これと思っていたので、正直他のもの検討するのもダルく

なってきましてw

とりあえずアマゾンとかで安価なケースも見てみましたが、

ジッツオに安物ケースどうなの?

なんて思ったり思わなかったりして・・・w

いや、ケースなんて正直なんでもいいと思うですよ。

問題なく運搬できて保護できれば。

そこはもう自己満足的な部分ですw

安物を買って不満が出て結局買い直すっていう流れは

今まで幾度となくしてきましたから余計です。

 

しかもですよ!

 

GC3101製品登録すれば最長7年の修理用部品保証受けられるんですよ!

ケースで7年保証・・・これはもうこれしかない!

ここまできたら迷う理由はない!

ということでポチりました。

 

GT3542LをGC3101に入れて見てた感じ

 

ケースが届いて早速三脚を入れてみました。

 

ピッタリでいい感じです。これにしてよかった!

作りもしっかりしていてクッション性があり、保護してくれそうです。

内部にはファスナー付きのポケットがあり、

スパイク石突やトルクスレンチなど入れておけます。

 

 

ケースの良い所気になる所まとめ

 

GC3101の良い所

  1. さすが純正、ジャストサイズ
  2. 作りが良くしっかり三脚を保護、長く使えそう。
  3. ユーザ登録で部品保証延長可能
  4. GITZOロゴがさり気なくかっこいい
  5. 手持ちでも肩にかけてもバランスが良く持ちやすい

 

GC3101の気になる所

  1. 価格が安くはない(1万越え)
  2. 内側のポケットのファスナーの取っ手が金属で三脚に当たる
  3. 縦持ち用の取っ手が石突側なので雲台を下向きに持つ格好になる

 

気になること番外編

こんな状態で届きましたw

テープ破れてるし・・・

これは新品か?とちょっと疑問を持ちました。

ケース内部のタグもクシャクシャになっていて

使用感があるような感じだったので交換してもらいました。

 

それと交換前のは写真を撮るのを忘れましたが、

 

このGenuineのシールがなかったと思うんですよね。

NEW ITEMとかそういうシールだけでGITZOのロゴなかった。

流通経路の問題なのか、正規品か並行輸入品かでそういう違いが

あるのかもしれないですね。

こんなケースの偽物は流石にないと思いますし。

コメント