KUSANAGI環境に移行したらWordPressやメールフォームからメールが送信されなくなった時の対処法

サーバ
この記事は約3分で読めます。

ConoHaVPSのKUSANAGI環境に移行したらコメント通知やメールフォームからのメールが

一切送信されなくなっていたので調べて対処した時の手順を紹介。兼備忘録

作業を開始する前に必ず環境のイメージやバックアップをとってから行いましょう。

 

 

スポンサーリンク

メールが送信されなくなった原因を調べる

 

 

メールが送信されないのでまずはmaillogを見てみると

status=deferredとなっており、

Sender address rejected: Domain not found

というエラーが出ていました。

送信メールのReturn-pathがhttpd@hogehoge.localdomainのようになっていたので

そんな差出人のドメインは存在しませんという内容のエラーでそれが原因で送信されず

メールキューに残った感じになっていました。

 

 

送信ができるように設定をします

 

 

KUSANAGI環境はデフォルトでMTAがpostfixになっています。

/etc/postfix/に移動してまずは今のファイルをバックアップしてから

canonicalをviで開いて最下部に次の記述を入れて上書き保存します

httpd hoge@abc.com

httpdのところはエラーログを参照した上で同様に、abc.comのところは

実際のドメインを入れてください。

設定ファイルのmain.cfも同様にバックアップをしてからviで編集します。

最下部に以下の記述を入れて上書き保存します。

sender_canonical_maps = hash:/etc/postfix/canonical

postfixを再起動します。

ここまでのコマンドは下記の感じです。

sudo cd /etc/postfix
sudo cp canonical canonical.bak
sudo vi canonical
sudo postmap canonical
sudo cp main.cf main.cf.bak
sudo vi main.cf
sudo systemctl restart postfix

以上でWordPressからのコメント等の通知もメールフォームも送信されるようになりました。

 

 

設定変更をしてもmaillogにエラーが出る場合

 

 

上記設定をしてもmaillogに以前のエラーが出る場合は設定変更前に送信されなかった

メールがメールキューに残っている可能性があります。

確認して問題なければメールキューを削除します。

メールキューの確認

sudo postqueue -p
メールキューの個別削除
sudo postsuper -d メールキューID
メールキューの全削除
sudo postsuper -d ALL
サーバ
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント