【レビュー】新型MacBook Pro(2020)で動画編集とかRAW現像などをしてみた!Wi-Fi不具合も・・・?

Mac
この記事は約6分で読めます。

MacBook Air、MacBook Pro13と新型が発売されましたね。

前回はMacBook Air2020をレビューしました。

【レビュー】新型MacBook Air(2020)で動画編集とかRAW現像はできるのか?
新型MacBook Air2020を使用してみてレビューを書いています。

今回は、新型MacBook Pro2020を試してみましたのでレビューをしていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

使用した新型MacBook Proのスペック

 

 

CPU:第10世代2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost3.8GHz)

メモリ:16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ

SSD:512GB

 

 

USBメモリーからファイルコピー

 

 

Apple純正のUSB-C USBアダプタを接続してUSBメモリからファイルコピーをしてみました。

17.52GBほどUSBメモリからMacのデスクトップにコピーしてみました。

Intel Power Gadetで温度を見ると、MacBook Pro2020は59.90℃となっています。

MacBook Air2020では81.6℃でした。

この時点で発熱は全然違いますね。

MBP2020ファイルコピー温度

 

 

 

CANONのDPP(Digital Photo Professional)でRAW画像現像

 

 

前回のMacBook Air2020の時と同様のRAWファイルを現像しました。

EOS 5D Mark4で撮影したDPRAW(6720×4480)ファイルを100枚現像しました。

パラメータをいじらず、RAWからそのまま一括変換を使いJPEGで出力しました。

RAWファイルはMacのデスクトップ、JPEGもデスクトップに出力

MBP2020現像DPP速度

 

MacBook Pro2020は21:27で終了。MacBook Air2020は34:24でした。

プロセッサの温度は・・・

MBP2020現像DPP温度

 

MacBook Pro2020の温度は80℃後半~90℃当たりでした。

MacBook Air2020は温度は99.1℃と100℃近くで張り付いていました。

MacBook Air2020のように100℃近くまで行く事はなかったです。

 

 

Blackmagic Design DaVinci Resolve 16で4K動画を出力

 

 

前回のMacBook Air2020の時と同様に動画を出力してみました。

DaVinci Resolve 16をインストールし、DJI OSMO Pocketで撮影した4K/60の動画を

タイムラインに並べて10分になるようにカットしてH265で4K書き出し。

ファイルはRAWと同様にデスクトップに保存している動画を使い、

デスクトップに出力しました。

MBP20204K動画書き出し

 

MacBook Pro2020は9:05で終了。

MacBook Air2020は22:11なのでまったく違いますね。

気になるプロセッサの温度は・・・

MBP20204K動画書き出し温度

 

Macbook Pro2020はRAW現像時と同様に80℃後半~90℃辺りで100℃まで行く事はないです。

MacBook Air2020は100℃で横ばいでした。

 

上記のファイルにLUTを当ててカットの間にクロスディゾルブを入れ試してみました。

MBP20204KLUT書き出し速度

 

MacBook Pro2020は12:00で終了。

MacBook Air2020は28:44だったので約半分の時間ですね。

 

温度は・・・

MBP20204KLUT書き出し温度

 

MacBook Pro2020はこれまでと同様に80℃後半~90℃辺りで100℃まで行く事はないですね。

MacBook Air2020は100℃に張り付いていたので、高負荷時の冷却性能が全然別物ですね。

 

 

新型MacBook Pro(2020)のまとめ

 

 

第10世代のCoreプロセッサになり、グラフィック性能が向上したのが大きいですね。

MacBook Air2020と比べてボディが若干厚く重いですが、冷却性能が別物なので

ちょっとでも負荷のかかる作業をするのであればProを選ぶ方が良いです。

 

ESCキー以外のファンクションキーはTouch Barですが、物理キーじゃないし使いにくそうと

思っていましたが、使ってみたら食わず嫌いでしたw

結構便利なのでTouch Barだから・・・と避ける必要もないのではないかと思います。

MacBook Airでも簡単な動画編集はできると書きましたが、、、

ある程度快適にって考えるとMacBook Proを買う方が間違いないです。

ですが、MacBook Pro2020の上位モデル(第10世代プロセッサ)とFinalCutXで

フリーズっぽい挙動が起きる不具合があるようなので、FinalCut XやiMovieで使うので

あれば少し待った方が良いかもしれないです。

 

 

新型MacBook Pro2020のWifiが遅い?

 

 

たまたまハズレ個体だったのかもしれませんが、WiFiが異常に遅い不具合がありました。

USB-Cで有線で接続した場合は下りで400Mbps近く、上りで300Mbps近くでています。

 

 

次に、WiFiで接続すると、下り3Mbps、上り0.06Mbpsと

異常に遅くおかしな状態でした。

そのアクセスポイントにiPhoneで接続して計測すると下り上り共に200Mbps程度だったので

アクセスポイントや無線環境に問題はないと思われます。

ネットワークの再設定や、IPv6のローカルのみ設定、SMCやNVRAMをリセットしても改善せず、

OSを再インストールしても同様でした。

たまたまハズレ個体なのかわかりませんが、ファイナルカットで途中で止まったり

どうも新型MacBook Pro2020は不具合を抱えている気がします。

 

その後、調査の結果特定のアクセスポイントとMacBook Pro2020の相性が悪く

Wi-Fiの通信が極端に遅かったり不安定になることがわかりました。

特定のアクセスポイントはバッファローのAir Station WSR-1166DHP4 Version 1.01

MacBook Proを交換しても同様の症状で、別のAP(WHR-1166DHP4)に接続すると

上り下りともに200から300Mbpsの速度が出ました。

どちらもファームウェアは最新になっており、設定はほぼ同じにしています。

WSR-1166DHP4を初期化して最低限の設定にしても変わらずです。

その他設定を変えてみましたが、改善することはなかったです。

APはルーター機能は止めており、それぞれブリッジモードでルータ(RTX-830)配下に有線で

接続しています。

以上から、WSR-1166DHP4とMacBook Pro2020の相性と判断しました。

コメント