YAMAHAのVPNルータRTX810とbuffaloのAP、WAPS-AG300H、PoE対応L2スイッチBS-GS2016Pでネットワークを構築した

ネットワーク
DSC_0003
この記事は約3分で読めます。

新事業部門が出来る事になり、ネットワークを構築する必要があり、

使用する機材の選定から結構思案した。

自分の所属する部署から少々遠方なので、ある程度の信頼性のある機器を

使用したい。(新部門と言う事で予算のムリも多少は通るw)

止まったとか通信不可になった場合、現地に行くにしても2時間近くかかるし…。

通信がNGだとリモートでどうこうも出来ないし…。

とりあえず安定して動作してほしいので、今回は下記の機器を選択しました。

YAMAHA RTX810 ギガアクセスVPNルータ

BUFFALO BS-GS2016P  L2ギガPoEスマートスイッチ

BUFFALO WAPS-AG300H

早速開封!

とりあえずRTX810から…

説明書類からチェック〜薄い説明書とCDROM。

RTX810はtelnetやsshでログインして詳細な設定や管理が可能です。

コマンドリファレンスはCDROMに入っています。

一枚の紙が…保証期間1年延長できるとな?

と言う事でそのwebページ見たら2017/3/31でキャンペーン終わってんじゃんw

ギガアクセスとか言いながら付属のケーブルはCAT5Eって微妙…。

まあ設定する用って感じかな。

接続する用にはCAT6以上を用意した方が良いね。

 

次にレイヤー2スイッチBS-GS2016P開封〜

箱持った時点で「重っ!」

お、これも保証期間延長の紙入ってるw

3年保証が5年保証になるらしいので早速バッファローのページで登録。

これは問題なく保証期間延長された。

今回このスイッチを選んだのはPoEで無線APに電源供給できるのとVLANが使える事。

PoEって何かというと、イーサネットケーブルで電源供給と通信ができるモノ

無線AP付けたいところにコンセントなど電源がなくてもOKなので取付できるので

AP設置場所の自由度が広がる。

PoEは当然無線AP側も対応している必要はあります。

 

RTX810のweb設定画面を開きましたが、分かりやすく作られていて設定に迷う事はないです。

個人的には某B社の管理画面よりもYAMAHAのほうが好き。ネットボランチDNSが便利で良い。

所謂DDNSだけど、別途どこかでDDNSのアカウント取ったりする必要無いし、

ルータの管理画面上で希望のホスト名入れるだけなので。

固定IPなら必要ないけど、動的IPアドレスな環境だとこれが結構ありがたい。

VPNでリモートアクセスする際にも必要だし。RTX810にしておいて良かった。

L2スイッチについてはIPアドレスがデフォルトで何になっているのか分からなかった

のでバッファローの設定ツールをインストールしてそこからIPアドレスを変更。

無線APもデフォルトだとDHCPでIP拾ってくるので、後々管理しやすいように

静的に設定した。これもバッファローの設定ツールを使うと楽。

あとは全てWEBベースの設定画面で設定できるので、それほど難しくは無い。

今回は無線APを複数台設置したのでローミングできるようにした。

VLANについてもに難しい事はなく、簡単に設定はできる。

とりあえずそんなところであとはトラブルが起こらない事を願う。

 

RTX810のVPN設定で(L2TP/IPsec)Windowsから接続する場合

こんな感じにしておくと良い感じ。

認証アルゴリズム HMAC-SHA
暗号アルゴリズム AES-CBC
PPP認証方式 MS-CHAP v2

 

設置はこんな感じ

ネットワーク
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント