Bluetooth スピーカー Tao Tronics TT-SK09を使ってみた

iPad
この記事は約2分で読めます。

普段、ipadで音楽を流して何かをする事が多いですが、

音量や音質に不満があってどうしたものかと思っていて目に付きました。

Amazonベーシックのものや、ANKERの物が値段の割りに音が良いと

一定の評判があるのでそれらと迷いましたが、敢えて違う物を選択しました。

スリムでコンパクトなボディも魅力だったので。

大きさ的には小学生の頃使ったスチールの筆箱ぐらいです。

 

パッケージはこんな感じです。

 

開封するとこんな感じ。説明書がHelloとかAppleのマネっぽさを感じるがw

 

スピーカー本体を出してみるとこんな感じ。

 

購入に踏み切る前にTaoTronicsってどこのメーカーかと思いましたが、

アメリカメーカーのようです。この製品は中国製でした。

 

重さはそれほどなく、持ち運びも苦になりません。

気軽に持ち出せるのは良いですね。

電源オンの時やブルートゥースのリンク音はAmazonベーシックのそれに

似ている感じです。

ピロリロリーンみたいな音がなります。

1度ペアリングすると電源を切っても再度入れ直せば繋がるので

設定も難しくはないと思います。

 

肝心な音質は

サイズがサイズなので仕方ないですが、低音は期待しないほうが良いです。

中〜高音にかけては中々良い感じにフラットな印象です。

ノイジーな事もなく意外とクリアな音です。

音量は、部屋などで聞くには充分です。

屋外ではちょっと物足りない気がします。

一応防水を謳っているのでキッチンなど水がかかる可能性のある

場所でも使えるのは良いですね。

どれぐらいの水に耐えられるのか気になりますが、まだ試していないです。

iPad
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント