Windows10の更新後に写真のプレビューが消えて再設定もできない場合の設定

Windows

Windows7ぐらいまでは画像ファイルを右クリックした時に

「プレビュー」がありこれが割と使い易かったのですが、

以降のVerのWindowsでは初期状態では表示されなくなりました。

設定をすれば表示されるようになるのですが、Windowsのアップデートを

行った後に設定が消えてしまい、再度設定をしても上手くいかない時の

対処法を考えてみました。

 

スポンサーリンク

画像ファイルの右クリックに「プレビュー」を追加する手順

 

Windowsキー+Rを押して名前を指定して実行を開く

regeditと入力してOK

レジストリエディタが開くので

HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\image\shell

以下に次の3つのキーを作成します。

openwpv
command
DropTarget

 

作成したキーの中に次の値を設定します。

 

openwpv内の(既定)の値に
プレビュー
と設定します。

 

command内の(既定)値に
%SystemRoot%\System32\rundll32.exe “%ProgramFiles%\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll”, ImageView_Fullscreen %1
と設定します。

 

DropTarget内に
文字列でCLSIDを作成して次の値を設定します。
{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}

 

今まではこれでプレビューが設定できましたが、先日アップデート後に、

この設定が消えてしまっていて、再度設定してもエラーが出て上手くいきませんでした。

 

 

Windows10のアップデート後の設定は

 

基本的には上記の手順を行い、commandキーに設定する値を絶対パスにすると

上手くできました。

基本的にはC:にWindows等システムが入っていると思いますが、それ以外のドライブの場合は

必要に応じて変更してください。

“C:\Windows\System32\rundll32.exe” “C:\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll”, ImageView_Fullscreen %1
レジストリの変更は設定を誤るとWindowsが起動しなくなる可能性があります。慎重に作業を行うとともに自己責任でお願いします。
Windows
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント