エプソンPX-504Aの廃インク(Waste ink pads)エラーで困った

スポンサーリンク

インクジェットプリンターを使っていると必ずと言っていいほど直面する問題の廃インク吸収体がいっぱいのエラー。

何故廃インクが発生するのかと言うと、目詰まりした時にノズルクリーニングを行うがこれはインクの噴き出し口でインクが固まったりしている状態で、強制的にインクを流して塞がっているノズルを解消する。

この時噴射したインクの行き先が廃インク吸収体、フェルト状の物に吸収させて処理している。

当然フェルトに染み込ませるだけなので容量がいっぱいになる時が来るがそれが廃インクのエラーが出ている状態。

ただこれは実際のフェルトに染み込んでいるインクを見ているわけではなくてクリーニングなどの回数をプリンター内部で数えていて廃インク吸収体が一杯になるよりかなり前の段階でエラーを出すようになっている。

この廃インクエラーになるとメーカーで廃インク吸収体を交換してカウンターをリセットしないと使用できない。

最近はプリンタも安価だし修理に出すより買い替えてしまう方も多いのではと思いますが、

とりあえずカウンターをリセットして使えるようにできるツールがあるんです。

WIC Reset Utility

無料ではありませんが、1,000円程度でキーを購入できます。

自分のプリンターで使えるか不安な場合はまずトライアルで試してみると良いです。

リセットキーを入力する画面でtrialと入力すると、お試しでカウンターを90%までリセットしてくれます。

最新版のWIC Reset UtilityはUSB接続ではなくてネットワークで繋がっているプリンターにも対応しているので楽にリセットが行えます。

あくまでカウンターをリセットするだけなので吸収体が一杯になればインクが溢れ出すので注意が必要ですが、吸収体部分を代替できるものに交換したり、容器を取り付けたりすると安心して使えますね。

確証はありませんが、1度リセットして次に一杯になるぐらいは使えるのではないかと思われます。

目詰まりが解消されないからと何度も闇雲にクリーニング操作をせずに2ー3回程度やって駄目なら一晩ぐらい放置すると、詰まったインクが溶けて解消する事もあるのでおすすめです。

クリーニングはインクを捨てるようなものなので消費量も勿体無いし、廃インク吸収体もいっぱいになっちゃうので何度もやらないほうが良いです。

 

px-504Aはネットワーク経由で無事にカウンターをリセットする事が出来ました。

コメント