Corel Video Studio 2019が強制終了してしまい使えない

Windows

Corel Video Studio2018を使用していて特に問題なく使えていたのですが、

Corel Video Studio2019が出たので導入して使ってみたらプレビューで

コマ落ちでカクついたと思ったらフリーズ→終了。

 

スポンサーリンク

どんな状況でVideo Studio2019が強制終了するか

 

 

使用したコンピュータ

 

コンピュータ(1)

CPU:Core i7 6700K

Mem:16GB

グラフィック:オンボード

OS:Windows10 Pro 64bit

 

コンピュータ(2)

CPU:Core i7 9700K

Mem:32GB

グラフィック:オンボード

OS:Windows10 Pro 64bit

 

 

Video Studioの種類、システム要件

 

Video StudioのエディションはVideo Studio Ultimate2019

Video Studio2019のシステム要件は・・・

オペレーティング システム:Windows 10、Windows 8、または Windows 71、 64 ビットのみ
プロセッサ:Intel Core i3 または AMD A4 3.0 GHz 以上
AVCHD & Intel Quick Sync Video サポートには Intel Core i5 または i7 1.06 GHz 以上が必要
UHD、マルチカメラまたは 360 度ビデオには Intel Core i7 または AMD Athlon A10 以上
RAM:UHD、マルチカメラまたは 360 度ビデオには、4 GB 以上および 8 GB 以上を強く推奨
グラフィック カード:最低画面解像度: 1024 x 768、ハードウェア デコード アクセラレーションには最小 256 MB の VRAM および 512MB 以上を強く推奨
サウンド カード:Windows 対応サウンド カード
ハードディスク空き容量:最低 8 GB の空き容量(フルインストール用)
インストール、登録、アップデートにはインターネット接続が必要製品の利用には登録が必要です。
インストール用 DVD-ROM ドライブがない場合はデジタルダウンロードが可能

参照:Corel Video Studio 2019

 

 

Video Studioがフリーズするまでに行った操作

 

編集画面でタイムラインに動画ファイルを追加してプレビュー再生を行っていると

不定期にコマ落ちが発生してカクカクしたと思ったらフリーズしてVideo Studio2019が

落ちてしまう。

特定の箇所と言うわけではなく、不定にフリーズが発生する。

コンピュータ(1)(2)どちらでも発生するので特定のハードウェアとの相性でも無さそう?

タスクマネージャを見ているとGPUの負荷が30%程度になって少しすると症状が発生する模様。

Video Studioの環境設定でハードウェアデコード、エンコードをチェック外して試しても改善せず。

GPUの性能の問題?しかしシステム要件には特にグラフィックボード必須とも記載は無いし、

オンボードがだと不可と言う記載もない。UEFI上の設定も問題なく有効になっている。

サポートにもオンボードである旨は伝え問い合わせしたがオンボードが原因という回答は無かった。

CPUの温度は50度程度と問題の無い温度でした。

 

CorelのVideo Studio2019機能比較を見ると

Intel® Quick Sync Video ハードウェア アクセラレーション

最新版 Intel® 第 8 世代 Core テクノロジーに最適化

となっているので6700KだとNGかもしれないが9700Kで動かないのはおかしいし

そこが原因ではないのかな…。

 

Video Studio2019の強制終了に行った対処

 

 

Corelに問い合わせをして対処実行

 

問い合わせをしても原因不明、ドライバ等を最新に、再インストールと当たり前のような

回答がくるだけで解決には程遠い感じでした。

だいたいこんな感じのよくある回答でしたが、すべて確認を行ってウィルス対策ソフトを

一時的に無効にし、UEFIの更新もした上で動作確認してみたが改善せず。

セーフモードでの起動なども変わらず。

 

同じことをVideo Studio2018で試してみる

 

今までVideo Studio2018で問題なく使えていたので、一度Video Studio2018にして

同じように編集をしたものを再生してみたが特に問題は起こらない。

そして2019だとGPUの使用率が30%になるが、VideoStudio2018は0%のまま。

何かGPU回りの仕様変更があったのかも。

Video Studio2019もハードウェアエンコード、デコードを無効にした場合は

GPU使用率は0%のまま変わらないのですが、その場合でもフリーズして

強制終了してしまうのですよね…

GPU回りが怪しいとは思うのですが、試せるグラフィックボードが手持ちになく

かといって新しくグラフィックボードを購入して改善する保証が無いので

ちょっと試すにはハードルが高いですよね。。。

その辺もCorelに問い合わせを投げかけていて回答待ちです。

 

結局どうしたのかまとめ

 

 

そんな感じでVideoStudio2019がまともに動作せず使えないので全く編集が

できないので困っていました。

VideoStudio2019をアンインストールしてVideo Studio2018にしたら使えると

思って戻してみてもどこか動作が不安定になってしまいました。。

VideoStudioについて検索してみたら結構不安定とかフリーズするとかは

昔からあるようですね。

今回のもあれこれやって解決できないかもしれないので、結局他のソフトに

乗り換える事にしました。

あまり高価なものは手を出しにくいので今回はVEGAS Pro 16 Suiteというソフトを

購入しました。

Video Studioと比べて動作も軽い気がします。

まだ使い込んでいないので機能等々はこれからですが、編集中にフリーズする

ストレスから解放されたのでこれでやっと編集ができます!

 

結論:あれこれやって解決できないならサクッと他のソフトに乗り換えたほうが

ストレスから解放されて精神衛生上よろしい。

VideoStudio2019買っちゃってたのでまったく無駄金になっちゃいましたが…

ソースネクストで買ってたら動作しない場合返品できたのになぁ…

Windows
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント