Windowsの普通に削除できない回復パーティションを削除する方法

Windows
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

回復パーティション

 

Windowsのディスクの管理から不要パーティションを消していて、

回復パーティションが残っていてそれがディスクの管理からは

削除できない場合ってありますよね。

その場合はコマンドプロンプトdiskpartを使って削除

する事ができます。

 

 

回復パーティションの削除手順

 

まずコマンドプロンプトを管理者で起動して

diskpart

と入力してEnterを押し、

list disk

で認識しているドライブが出てくるので該当のドライブのNoを確認して

select disk (削除したいドライブのNo)

入力してEnter

list partition

と入力してEnterを

ドライブ内のパーティションが表示されるので該当の回復パーティションのNoを確認して

select partition (削除したいパーティションのNo)

Enterを押して

delete partition override

と入力してEnterを押すと回復パーティションを削除完了です。

コマンドプロンプトはexitでdiskpartを抜けて、

再度exitでコマンドプロンプトを抜けます。

ディスクの管理で確認してもパーティションは消えています。

 

削除するパーティションを間違えないように慎重に作業をしましょう

コメント