ジャストシステム花子の起動が異常に遅い場合の解決法

Windows
この記事は約5分で読めます。

Windowsをクリーンインストール後に花子2019をインストールした時点では問題なく

スッと起動していたのですが、ある日を境に花子2019の起動が異常に遅くなり、

デスクトップのアイコンをクリックしても起動するのに数分かかるようになってしまいました。

PCはIntel Core i9-9900Kを搭載しており、処理能力不足で遅いというわけではないようです。

 

 

スポンサーリンク

ジャストシステムの花子が遅い時の確認箇所①

 

 

プリンタドライバが原因で花子の起動が遅くなっている可能性があるので、

現在、通常使うプリンターになっているプリンターを別のものに変更します。

 

コントロールパネルを開き、「デバイスとプリンター」を開きます。

花子確認-プリンタ1

 

仮に、Windowsに標準で含まれるMicrosoft XPS Document Writerを右クリックして

「通常使うプリンターに設定」をクリックします。

花子確認-プリンタ2

 

設定が完了したら、花子2019を閉じて再度開いてみて改善があるか確認します。

改善されない場合は設定を戻して②へ進みます。

 

 

ジャストシステムの花子が遅い時の確認箇所②

 

 

次に考えられるのが、花子2019のマルチコンテンツウィンドウの特に部品に問題があり、

花子2019の起動が異常に遅くなることがあります。

②では花子2019のマルチコンテンツウィンドウを表示しない設定にする手順を紹介します。

 

花子の左側に表示されるアイコンがマルチコンテンツウィンドウです。

花子-確認マルチ1

 

花子2019の「表示(V)」→「画面表示切替(B)」→「マルチコンテンツウィンドウ表示(M)」

をクリックします。

花子-確認マルチ2

 

これで左側のマルチコンテンツウィンドウの表示が消えました。

花子-確認マルチ3

マルチコンテンツウィンドウが消えたら一度花子2019を閉じて再度花子2019を開いて

起動が改善されたか確認します。

これで起動が改善されればマルチコンテンツウィンドウが原因と考えられます。

変更前は起動に3分~4分程度かかっていたのが、この設定で数秒で起動するように

改善しました。

マルチコンテンツウィンドウを表示しなくて問題ない場合は表示をしなくすれば良いですが、

普段から使用していると困ることがありますよね。

毎回、表示を消したりまた出したりはとても面倒です。

今回気づいたのは、マルチコンテンツウィンドウ内の【部品】を開いていると起動が遅くなるのが

分かりました。

「部品」以外を開いておけばマルチコンテンツウィンドウを表示して閉じて再度開いても起動が遅く

なることはありませんでした。

部品の数なのか破損なのかまで追求していませんが、マルチコンテンツウィンドウを表示して

「部品」以外を開いて閉じて使うことにしました。

部品を多数登録している別のパソコン(Core i7)ではマルチコンテンツウィンドウを表示して

「部品」を開いていても花子が起動する速度が異常に遅くなるということは無かったので、

部品の一部ファイルが破損しているか、Core i9-9900Kと花子の組み合わせで発生する現象では

ないかと推測しています。

 

 

追記

 

 

マルチコンテンツウィンドウがないと不便なので表示していますが、

花子2022になっても起動が遅いのは変わってないです。

その後も検証を進めていますが、デスクトップのアイコンをクリックして起動しますが

遅い時とそうでもない時があることがわかりました。

システムの再起動は行わずに、花子を閉じたり開いたりしているとスムーズに動く時、

そうでもない時があります。

またその時に、タスクマネージャを見ていると「JSクイックサーチファイル自動更新」

というものが裏で動いています。

JSクイックサーチファイル自動更新ってなんぞや?と調べましたら、ジャストシステムの

ページに説明がありました。

JSクイックサーチファイル自動更新とは?

「クイックサーチファイル」を自動的に更新する時に必要なプログラムです。

  • クイックサーチファイルとは

    クイックサーチファイルとは、2文字以上のカタカナ・アルファベット・漢字などの単語をファイルから抜き出し、単語とファイル名とを関連付けたインデックス情報を保存するファイルです。
    あらかじめ作成しておくと、検索を実行するときにこのインデックス情報を元に検索を行うので、直接ファイルを検索するよりも速く検索を行うことができます。
    クイックサーチファイルは、[ツール-拡張機能-検索用ファイル]から作成することができます。

  • 更新のタイミング

    クイックサーチファイルは、以下の場合に更新されます。

    • クイックサーチファイルに登録されている文書が更新された場合
    • ファイルの追加や削除が行われた場合
    • 指定時刻や一定の間隔で、自動的に更新するように設定している場合など

花子を起動した時にこれが動いて、インデックス情報を更新したりしているから起動が遅いのでは?

と仮定してタスクマネージャのスタートアップからJSクイックサーチファイル自動更新を無効に

してみるも、花子を起動すると同時に動いていて結局変わらずです。

どこかにJSクイックサーチファイル自動更新を動かなくする方法がないのかと探していますが

なさそうなんですよね。

どうもこれが悪さをしていそうな気がしているのですが、まだ解決には至っていません。

花子で作成したファイルがNASだったりUSBメモリだったりローカルディスクよりも転送が遅い

場所にあると、それらの読み込み待ちだったりタイムアウト待ちが発生しているのではないかと。

起動が遅い時にタスクマネージャの花子のCPU使用率を見ても0%付近なので、何か処理をしていて

遅いというよりは、タイムアウト待ち的な感じなのではないかなと推察しています。

Windows
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント