KGUARDの防犯カメラの記録からUSBにバックアップした.264のファイルを再生する方法

Windows

EL421-4HW212Bという、DVRとカメラ4台セットの商品を使用していて

DVRとモニターやテレビを接続すればそこで再生でき、ネットワーク経由

でもリアルタイム映像を見たり、記録している映像を確認できるので、

今までUSBへ映像データをバックアップというのをしたことがありませんでした。

映像はHDDに記録されていますが、古い映像データから消えていくので、

もしも何かあった時に映像データを残しておきたい場合に備えてUSBメモリへ

映像データをバックアップをしてみることにしました。

 

スポンサーリンク

バックアップの方法

 

  1. DVRにUSBメモリを挿し込みます。
  2. DVRの管理画面の検索で該当の映像を検索します(日時)
  3. 該当の日時が見つかったらどのカメラの映像かを探します(1〜4)
  4. 日時とCHが決まったらチェックを入れて出力します。

USBメモリの性能にもよりますがエクスポートには少し時間がかかります。

画面にステータスが出るので進捗状況はわかります。

100%までいけば出力完了です。

 

エクスポートした映像データをパソコンで再生する

 

USBメモリをパソコンに差し込むとファイルが保存されていますが、

そのままではMediaPlayerなどでは再生できません。

DVR付属のCD-ROMの中にVideoPlayerという再生ソフトが入っておりインストールを

するとVideoPlayerで再生することができます。

 

エクスポートした映像データをAVIにエンコードする

 

AVIGenerator

同付属CD-ROM内にAVIGeneratorというソフトが入っており、

これを使うとWindowsMediaPlayerなどで再生できるAVI形式に変換ができます。

AVIGenerator2

上段の「Open」をクリックして変換元のファイルを選択します。(USBメモリ)

次の「Save As」で変換したファイルの保存先を選択します。

選択が完了したら「Start」をクリックすると変換が始まります。

ソフト自体は英語ですが、変換元のファイルと保存先を選んで実行するだけなので

難しくはありません。

Windows
スポンサーリンク
晴汰をフォローする
スポンサーリンク
えごいち

コメント