Windows10でNASにアクセス出来ない!エラーコード0x80004005

Windows
この記事は約3分で読めます。

Windows7やWindows8からWindows10にアップグレードした場合ではなく、

新規でWindows10をインストールしたPCからNASにアクセスしようとすると

エラーを特定できません 0x80004005

とエラーが表示されてアクセス出来ない場合の対処を紹介します。

 

スポンサーリンク

NASにアクセス出来なくなった状況

 

Windows7や8からWindows10にアップグレードした状態だとアクセス出来ていたのに、

再インストールを行い新規でWindows10を入れた場合にアクセス出来なくなりました。

NASのIPアドレス(¥¥192.168.1.xx)をエクスプローラに打ち込んでも同様のエラー

エラーを特定できません 0x80004005)でアクセス出来ない状況になりました。

Windows10新規インストール後でマザーボードのドライバをインストールした状態で

他に何も入れていない状態でもエラーを特定できません 0x80004005でアクセス不可でした。

Windowsファイアウォールや共有周りの設定もデフォルトのままでした。

その他のWindowsのPCでファイル共有しているフォルダにはアクセス出来ていました。

NASにはその他のPCからはアクセス出来ましたので、故障ではなさそうです。

 

エラー0x80004005でアクセス出来ない原因は?

 

共有している側(NAS)がSMBv1になっている場合に発生するようです。

Windows 10 Fall Creators Update と Windows Server バージョン 1709 以降のバージョンの

既定でSMBv1はインストールされないため、アクセス出来ずエラーが出るようです。

NAS側でSMBv2に対応して入れば良いのですが、最新ファームウェアを適用しても

変わらないので、そこはサポートされないようです。

マイクロソフトで詳細が載っています。

 

Windows10でエラー0x80004005を回避してアクセスできるようにするには

 

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. プログラムと機能を開きます
  3. Windowsの機能の有効化または無効化」という文字列をクリック
  4. SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」の「+」をクリック
  5. SMB 1.0/CIFSクライアント」をチェック
  6. 「OK」で閉じてPCを再起動

SMBv1

以上でSMBv1が有効になり、アクセス出来るようになります。

ですがSMBv1は脆弱性等があって無効になっているので、できれば共有側で

SMBv2を有効にする方が安全です。

とはいえ、NAS等が古くてファームウェアも新しいものが提供されて

いないと買い換えるか、SMBv1を有効にするしかないので悩みどころではありますね。

 

最も深刻な脆弱性が悪用された場合、攻撃者が特別に細工されたメッセージを Microsoft Server Message Block 1.0 (SMBv1) サーバーに送信すると、リモートでコードが実行される可能性があります。

マイクロソフトセキュリティ情報 MS17-010

コメント

  1. おかげさまで、問題解決できました。ありがとうございました。

    • 匿名さん

      こんにちは、コメントありがとうございます!
      お役に立てて嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いいたします。